記事一覧

タイヤル族の伝統手織りを学ぶ旅⑦ひたすら織るのみ!の最終日

~これまでのお話~

①ユマ・タルーさんのこと
②桃園空港で台湾の四季を感じる
③石壁染織工坊とステキな人々
④レクチャーと染色
⑤輪状整経
⑥セッティング→織り始め



*  *  *


早いものでレッスン3日目、最終日です!

朝ごはんは久々の米食(粟入りお粥)、そしてたくさんのおかず♪
美味しくて朝からついつい食べ過ぎてしまいます~(*^▽^*)


180611_1.jpg


昨日、機(はた)にかからなかったじじ先生の経糸・・・。

「今回は最後(織るところ)まで体験するのが目的だから」と
ユマ先生は、より扱いやすいコットン糸でやり直すことを提案してくださいました。

苧麻の糸は少しケバ立ってて滑りが悪い。
整経するにも織るにもスイスイいかず、ちょっと時間がかかってしまうのです。




そしてすぐに織り始められるよう、昨夜のうちに準備してくださってて・・・w(゚o゚)w💦


180611_2.jpg


じじ先生も朝から織りモード全開に☆彡


経糸はユマ先生!緯糸はじじ先生!!
(中島みゆきの『糸』か 笑)

図らずも夢のコラボで、これはある意味超ラッキー!?
いいなーちょっとうらやましい~~o(≧▽≦)o


180611_3.jpg


本日、最終日の目標は
時間までできるだけたくさん織ること!

織りだすと、さすがはお二人ともプロ。
どんどん作業が進みます。


経糸と緯糸が重なって模様になっていくのが、横で見てても楽しい!




事前にYouTubeでタイヤル族の方々が作業している動画を見て
大変そうだとある程度は予想してましたが、実際こんなに大変だとは~💦

経糸の張り具合やら、色糸の配置やら、綜絖糸のかけ方やら・・・
整経時のちょっとした間違いや不具合が、後々まで影響してくる恐怖((((;゚Д゚)))))))


もしかしたら見てるうちに自分もやりたくなったりして~
などと思ってたりしたんですけど、まさかまさか!ムリです!できる気がしませんΣ(ω |||)
ともかく整経がキモということだけ、よーく理解しました。


180611_4.jpg


ゆり先生は伝統柄を苧麻糸で。
その姿は、もはやタイヤルの娘!?

右手に持つ刀杼(トウヒ=緯糸を打ち込む道具)が武器っぽいですがww




午前中はずっと織り続け、お楽しみのランチタイムがやって来ました。


180611_5.jpg


毎食、肉に魚にたっぷりの野菜☆彡

タイヤル族の機織りは全身運動だから疲れるし、お腹減りますよね。
にしても!?ゆり先生の食いっぷりが毎食すごくて・・・(;゚Д゚)

だいぶん成長しちゃったんじゃなかろうか!?




しっかりスタミナ付けて、午後もひたすら織りますよ~。

加油!\(^o^)/(じゃーよー=ガンバレの意)







そして午後――

後は織るだけだから、あなたの出番は少なくなりそう。
散歩に行ったり部屋で休んだりしたら?


自分でもなんとなく感じてはいたけど、ユマ先生がそう言ってくれたので
私もここでフリータイムをいただき、ちょっとお散歩へ。



・・・といっても道は二択。
①山の上へ向かう
②街へ向かう

しかも、いずれもゴールが見えない果てしない道。

野生動物との遭遇や交通事故などの危険もあるから
散歩は工房の敷地をちょっと出たところまでにとどめておきました。


180611_6.jpg


村の入り口付近に立つタイヤル勇士の像。
下の白い台がホールケーキみたいで美味しそうww


蕃刀はタイヤル勇士の命!
タイヤル男子は生まれた直後から、いかにして勇猛な戦士となるかを学ぶ。
12、3歳になったら、外出時は蕃刀を肌身離さず持ち歩く。


などと書かれています。
で、後ろにまわると背負子に獲物が入ってる!?かと思ったら子供でした。

可愛い~( *´艸`)




次に石壁染織工房&ショップへ。

オーナーの林淑莉さんはお仕事@ロンドンでご不在だったのですが
ご主人にお願いして見せていただきました。


180611_7.jpg


そして淑莉さんのブランド『太陽有脚(WALKINGSUN)』のバッグをゲット~♪

スケジュールが完全に私たちと入れ違いで
お会いできなくてほんとに残念~と思ってたら・・・


180611_8.jpg


なんと後日、桃園のホテルでTVを見ていたところ
ニュースに淑莉さんのお姿が!!(あわてて画面を撮影)

大英図書館でタイヤル族伝統の手織りを披露されていました。

お、おおー☆彡




買い物のあとは部屋に戻って昼寝。

驚いたことに、部屋にいてもタンッ!タンッ!という
機織りの心地良い音が聞こえてくるのですよ。

かつて村中にこの音が鳴り響いていたのでしょうね。
昔のタイヤルの村に想いを馳せつつウトウト・・・。




そんなこんなで夕方――
ユマ先生&ジワス先生はお仕事のため石壁をあとに。
お二人を見送った後は、最後の晩餐!

淑莉さんの息子さん、タルーくんがステーキを焼いてくれました。
「いい牛肉だよ~」て自分で言ってた( *´艸`)


180611_9-2.jpg


翌朝のホットサンドもタルーくんお手製。
(フルーツはレッスン最終日のおやつ)

どれも美味しかった~(*^▽^*)b




そしてそして、今回のレッスンの成果。
ジャジャーン!!


180611_10.jpg


これだけ織れました!

通常、最後は経糸を切って1枚の布にするところを
「輪状に織り上がるのがタイヤルの織り物の特長だから」と
今回はユマ先生のすすめで輪のままお持ち帰り。



手織りのレッスンに3日間って、とっても短いスケジュールだったんですが
それでもできる限りの対応をしてくださり
レッスン以外でもかなりお世話になっちゃって(主に食事方面)Σ(´Д`*)

いきなり「タイヤルの機織りを習いたいです~」と連絡してきた見知らぬ外国人を
こんなに暖かく受け入れてくださり感謝しかありません。


ユマ先生をはじめスタッフの皆様
ほんとにほんとにどうもありがとうございました!!




・・・しかしこれで終わりではありません。
むしろ、始まった感が!?

台湾原住民 タイヤル族と織物について知りたいこと、学びたいことがまだまだいっぱい。
今後もしつこく台湾へ通うつもりです~(*^▽^*)v


~完~


★minne(ミンネ)に出品しています
 ⇒羊毛フェルト☆くまねこ堂ギャラリー
 ⇒ご購入者様の感想・コメント

★オーダー・リクエスト受付中です
 ⇒hoshico72●gmail.com(●を@に変える)
 ⇒またはこちらからお気軽にお問合せください

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

関連記事

 

プロフィール

hoshico☆

Author:hoshico☆


●羊毛フェルトくまねこ堂について

~クマ・ネコ・パンダ、ときどきキノコ~

カラフルでふわふわの羊毛を材料に
 *ニードルフェルト
 *水フェルト(ウェットフェルト)
 *手紡ぎ
の手法で動物マスコットや雑貨を作っています。

コンセプトは『ほんのりレトロ風味&大人ファンシー』。
甘すぎない愛らしさのある作品をめざしています。

↓作品はミンネで販売中



販売情報はtwitterとInstagramでお知らせしています。気軽にfollow me♪



●hoshico☆について

羊毛&ヤーンLOVE❤なハンドメイダー。2014年~羊毛フェルトのマスコット作りを始めました。近頃はアートヤーンと編み物にも挑戦中。
ハンドメイドのほかはパンダ・中華エンタメ・食べ歩きも大好きです。北京に3年半の滞在歴あり。奈良県在住。

●オーダー等のご相談
こちらのお問合せフォームからどうぞ

人気記事(TOP10)

ブログパーツ

記事一覧(新着順)

販売速報&つぶやき

スポンサードリンク