記事一覧

アメリカ式?フランス式?棒針の持ち方問題

日本では棒針の持ち方に『アメリカ式』『フランス式』の2種類があります。


初めての人はアメリカ式のほうがやりやすいということで
私はこれまでずっと『アメリカ式』で編んでました。
(といってもまだ約1年ですが💦)


180116_1.jpg


しかし編み方の本や動画を見ると、圧倒的に『フランス式』が多いというか
『アメリカ式』はほぼ見かけない気が!?


そして動画をいろいろ見て自分と比べたら、フランス式のほうが断然
なめらかでムダのない動きをしているではないですか!w(゚o゚)w

それもそのはず、慣れるとスピーディーというのがフランス式の利点☆彡




まだまだビギナーなため、見本と自分の持ち方が同じなほうが理解しやすいし
スピードアップも期待できるということで
ここでいっちょフランス式へ変更してみるかーと思ったわけです(*^▽^*)b


180116_2.jpg


編むのに慣れてきたら、フランス式持ち方にチャンレンジしてみましょう!

フランス式持ち方で編んだことのない方、苦手だと思っている方
ぜひチャンレンジしてみてください。



そうだ!チャレンジなのだ!!


180116_3.jpg


ちなみに、初めての人にフランス式をすすめる本もあって。

私個人的な意見としては、やっぱりまったくの初めてだと
フランス式はやりにくいんじゃないかと思うんだけどな~。


180116_4.jpg


どちらが良いという事ではないので、編みやすい編み方で編んでください。


なるほどw基本はそうですよね。

両方できると便利とも書いてるし、これはさっそくフランス式でチャレンジだ(´∀`σ)σ


180116_5.jpg


・・・と、まずはシンプルなゴム編みで練習。

市販糸使用で、カラーはかなり暗めのモスグリーン。




最初はちょいちょい間違えましたが
次第に慣れてくるとスピードアップ!!


フランス式にしただけで、なんだかレベルアップしたような錯覚がする不思議。
こなれ感があるというか、できる風な感じがしてうれしい( *´艸`)♪


180116_6.jpg


フランス式第一弾は・・・スヌードになりました☆彡

ほんと何の変哲もないフツーすぎるスヌードですが💦
まだまだ寒い日が続くだろうし、夫サマに使ってもらおうと思います。


180116_7.jpg


あとは、初めて縄編みとイギリスゴム編みの練習も♪

イギリスゴム編みは、編み方をYouTubeで見てもイマイチよくわからず
本をあたったりググったりして、理解するのに3日もかかってしまったけど・・・


180116_8.jpg


出来上がると編み地がすごい肉厚で!モチモチふわふわで!!

同じ毛糸を使っているのに、普通のゴム編みより肌当たりも良いんです。
こりゃビックリw(゚o゚)w


スヌード、イギリスゴム編みにすれば良かった~⤵⤵⤵


★minne(ミンネ)に出品しています
 ⇒羊毛フェルト☆くまねこ堂ギャラリー
 ⇒ご購入者様の感想・コメント

★オーダー・リクエスト受付中です
 ⇒hoshico72●gmail.com(●を@に変える)
 ⇒またはこちらからお気軽にお問合せください

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

関連記事

 

プロフィール

hoshico☆

Author:hoshico☆


●羊毛フェルトくまねこ堂について

~クマ・ネコ・パンダ、ときどきキノコ~

カラフルでふわふわの羊毛を材料に
 *ニードルフェルト
 *水フェルト(ウェットフェルト)
 *手紡ぎ
の手法で動物マスコットや雑貨を作っています。

コンセプトは『ほんのりレトロ風味&大人ファンシー』。
甘すぎない愛らしさのある作品をめざしています。

↓作品はミンネで販売中



販売情報はtwitterとInstagramでお知らせしています。気軽にfollow me♪



●hoshico☆について

羊毛&ヤーンLOVE❤なハンドメイダー。2014年~羊毛フェルトのマスコット作りを始めました。近頃はアートヤーンと編み物にも挑戦中。
ハンドメイドのほかはパンダ・中華エンタメ・食べ歩きも大好きです。北京に3年半の滞在歴あり。奈良県在住。

●オーダー等のご相談
こちらのお問合せフォームからどうぞ

人気記事(TOP10)

ブログパーツ

記事一覧(新着順)

販売速報&つぶやき

スポンサードリンク